CROSS
TALK
about a PERSON

今となっては社長と役員。
出会いやそれぞれが思うそれぞれの印象を教えてください。

  • 社長

    吉田が東京から帰省している時に話をしたのが最初の出会いだったかな。当時、「独立したい」と考えていた吉田からは本気が伝わってきた。「一緒に仕事をしたら面白いだろうな」と直感で思えたから、立ち上げは簡単、でも継続は難しいということを伝え、ウチに誘ったのがはじまりだと思う。

  • 吉田

    そうでしたね。私がはじめの出会いで感じたことは、「この人は裏切らない人だろう」ということ。それまでにも多くの経営者と会って話を聞いてきたんですよ。とにかく経営者にもいろいろといて、なかにはカッコいいことだけをを言う人もいたんですが、神谷社長はそうではなかった。思いが本気で伝わったから、「信用できる、同じ絵を描ける」と思い、惹かれました。この人に乗っかりたいと、経営者を信じられた最初の経験が、社長でしたね。

  • 社長

    特に吉田は、会社を社会に認められる存在にしたいと思っている貴重な存在。この先、より一般的な企業として認知されるためには、吉田のような存在はウチにとって必要不可欠。会社を変えられる存在だと思っている。

代表取締役社長神谷明美
本音は、「ネジのはずれた楽しい人間」が欲しいです。

それぞれがイメージする求める人物像とは?

  • 吉田

    社長がイメージする求める人物像って、どんなものですか?

  • 社長

    正直ないかな。どんな方でもOK。まずは会ってから。その方のキッカケ、理由、過去の経歴(重要視はしていない)は気にするけど基本的にはどなたでも受け入れようと思っている。少し表現は良くないけど、当社は更生施設だと思っているから。その方の変わるキッカケになるような、その方の潜在能力を引き出してあげられる環境、存在でいたいかな。

  • 吉田

    そうですね、その方のモチベーション、核を変えてあげたい。私はそれができなければ当社がダメだったと考えてしまうと思います。私の場合は、こうゆう人物が良いだろうというのがあって、例えば変わりたい、夢がある、コンプレックスがあるなど、どうにかこうにか変わりたいと思っている方。キッカケは何でも良いんです。『~したい・~たい』というやる気を買いたいですね。

  • 社長

    それで言うと、田中(※先輩インタビュー参照)の場合がそう。営業経験はなく、飲み屋のアルバイトやボランティア(福祉)をやっていたそうで、当社に来た理由は「営業がやりたい」。私としてはそれだけで十分。

  • 吉田

    彼は直属の部下として私が見ていました。当時の彼の口癖が「変わりたい、稼ぎたい」…でも、中途半端で口だけの印象が強かったですね。それでも「変わりたい」と常に思い続けた。そんな彼に私たちは 道を教え、レールを用意。営業の経験もなかった彼ですが、努力して力をつけ、今では主任。“変われた”っていうのが、自分のことのように嬉しいです。

  • 社長

    そういうケースって、ウチは多いよね。実は入社する人間の多くが営業未経験。これは持論だけど、“できる営業マンはプライドが高い”。偏見や先入観、経験により、決め付けをしてしまうことが多く、諦めが早い印象があるから。だから当社は、できる営業マンを育てるのではなく、チームを作っていこうという考えにしているよね。それに商材にこだわりはなく、“人”に特化した会社を目指しているのが、私たちの考え。

執行役員 営業本部長兼管理本部長
吉田圭吾
当事者意識の高い方と一緒に働きたい。

会社に必要な人材とは?

  • 吉田

    社長はどういう人材が必要だと思っていますか?

  • 社長

    私や各役員で考えは異なると思うけど、私は「与えたいという原動力がある方」を必要としている。人間、誰もが自分が可愛いと考えてしまうもの。できる自信のある方は個人だけでもある程度までは行けるんだけど、そういう方は途中で折れてしまう…でも、他人のためにやれる方は共に支え合えるので、その先も明るい未来が待っていると思う。例えば、神風特攻隊や明治維新で戦った先人たちは、誰かのため、後世のために戦った。そんな自己犠牲の精神を持つ人間は今となっては少ないと思われがちだけど、生来日本人が皆持っているもので、きっかけがないだけだと私は思っていて。それも、社会に出てから教えられる機会がないために分からないだけ。誰もが奥底に秘めているもの。そういう精神がある方がいると周りに与える影響も大きいんじゃないかな。

  • 吉田

    そうですね。私は、当事者意識の高い方と一緒に働きたいと思っています。私自身、会社、社員は家族という気持ちがあります。皆が皆、より良くしていこうという気持ちの輪が広がれば良いなと。それに、人任せではなく、皆で経営していける組織になれば良いですね。自分で仕事を探せる、見つけられる、気付ける…そうすると、何事もスピードアップに繋がるはずですから。

社員教育、育成について。

  • 吉田

    来るもの拒まずという考えだと思いますが、どんな風に育てようというイメージはありますか?

  • 社長

    こうしたいっていうイメージは特にないけど、最低限身につけて欲しいものはあるかな。なので、理念研修というものを開催し、そこで会社の考えや大事にしていることを知ってもらう。例えば、行動指針(十教訓)やモットー、社会人としてではなく、人として当たり前の道徳やマナーを再度教えていくようなものだけど、実は分かっているようで分かっていない、できているようでできていないことって多いと思うから。だから、口うるさく教えてる。知っていると思うけど、なにも難しいことは言っていない。当たり前のことを当たり前に。

  • 吉田

    確かに、そこは徹底していますね。それぞれやり方や伝え方は違えど、社長や役員、各リーダーが伝えていることは繋がっており、行き着く先は一緒だと私は思っています。個人的には、再確認の意味でも、毎月一回の朝礼ですり合わせることを大切にしています。例えば、あいさつ、物事に感謝、親孝行、自分にベクトル…すべて当たり前のことを違う角度で示していく。私も社長同様、スキルや仕事の進め方をこと細かく言うことはないですね。グラジストとしては、最低限持つべきものを備えていれば、あとは自分のやり方でOKということですね。

この先の会社の展望は?

  • 吉田

    あまり先のことを聞いたことはないですけど、どう思っています?

  • 社長

    私個人としては、会社を大きくしたいと思っていないかな。それは役員や社員が思ってくれること。

  • 吉田

    そうなんですね。個人的には会社を大きくしていきたいです。人が増えれば、事業部も増える。一人ひとりがやりたい事業を任せられる、先頭に立ってやれるようにしたいです。各事業部が思い描くビジョン・夢を形にできるような、そんな組織にしていきたいです。そのためにも、事業を任せられる人材が育って欲しい、育てないといけない。営業力だけに特化した会社ではなく、適材適所で幅広い種類の人材が活躍できる会社が理想です。そのために受け皿を多く作れるようにすることがこれからの課題です。それも10年以内には実現させたいです。

  • 社長

    なるほどね。大きくするために動くことはないけども、結果として会社が大きくなることは否定しない。とにかく、この先もチャレンジして失敗して、の繰り返しだと思っている。ただ、ひとつだけ。理想型は、“遊びながら仕事をして、仕事しながら遊ぶ”みたいな本気でワクワク出来る会社にしたいってこと。あれやこれやと出てくる理想、要望など、社員が求めるものに対して、しっかり答えるのが自分の仕事だと思っているから。皆は好きなように思い描いてほしい。

今後のグラジストの課題について。

  • 吉田

    まだまだやらなければならないことも多いのが現状です。当社の課題はどう捉えています?

  • 社長

    課題ね、やっぱり福利厚生の改善は“これからの会社”にとって切り離せないテーマだろうね。

  • 吉田

    会社を大きくしたいと考えると、どうしても福利厚生の充実や環境を良くしなければなりません。そのための仕組みづくりは昔から思っていることで、前に進める難しさを感じています。

  • 社長

    ここの改善は皆のためにも急務と言える。

  • 吉田

    そうですね。でも、着実に前進はしています。あとは、人材ですね。これに関しても、リーダーになりたいという人間が増えていくことが理想でしょうね。そのためにも、これから入社する方には、成長意欲が高い方を求めています。共に会社を大きく、会社と一緒に成長できる方と働けることが、最近の楽しみのひとつなんです。

  • 社長

    確かに人材についてはそう。当事者意識を持つ人間が増えていかないといけないだろうね。役職だけではなく、次なるリーダーシップを持っている人間が増えていかないと、会社は成長しないはず。社長の私以外で会社にとって意思決定ができる人間が出てきて欲しいかな。ただ、思いを背負える人間じゃないとダメだろうね。厳しい見方かも知れないが、やりたい割に背負いきれるキャパの無い人間が多い気がする。私は、言葉に対しての責任を取る自信がある。だから、皆も背負える人間を目指して欲しい。なんだかんだと言っているけど、本音は、「ネジのはずれた楽しい人間」が欲しい。そんな方と出会いたい。